天然ヘナ、ハナヘナの作り方 〜ダマにならない方法&お湯の温度について〜

ヘナペーストの作り方

こんにちは♪

今日は、ヘナを練るとダマになっちゃう!

という声にお応えして、ヘナをお湯で練るときのちょっとしたコツをお伝えします☆

まず ヘナパウダー をボウルに 入れます

ヘナの使用量 : 根元だけなら30~40g、全体には 50~100gくらい使用

cameraroll-1330048130.498385 2

そして

ナチュラル単品使用ならパウダーの量の3.5〜4倍の量のお湯

ハーバルブラウン〜マホガニー、インディゴ使用なら パウダーの量の3〜3.5倍のお湯の量

を注ぐのですが

ちょっと待って!

ここでお湯を混ぜちゃうから ダマになりやすいのですね(^◇^;)

なので、まずは粉末のまま混ぜましょう

cameraroll-1330048135.585395 2

それからお湯を注ぎます♪

ヘナを混ぜるお湯の温度は 60℃〜80℃くらいがベスト!

沸かしたての熱湯を使うと ヘナの色素が壊れてしまい色がつかなくなる場合があります
熱すぎると冷ますのも大変ですし・・
冷たい水で溶くのも、色が薄くなってしまうのでNGです。

そして しっかり混ぜ混ぜ〜(*´∀`*)

cameraroll-1330048140.796420 2
出来ました☆

パウダーを入れたらまずそのまま軽く混ぜる、

それからお湯を入れて混ぜる!

そうすれば

ヘナがダマにならず 滑らかなヘナペーストがになります。

よろしくお願いいたします♪


ハナヘナやDOSシャンプーのご購入は下の写真をクリック!
オンラインショップから♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です